胃の不調の原因には

胃は食べ物を最初に消化する大切な器官である。その調子が悪いと、必要なエネルギーや栄養素を十分に取ることができないばかりか、食べる、飲むという楽しみを味わうこともできない。胃の働きが必要な役割を担うので、または日常生活でよく問題が出る器官ので、今回は、皆様の健康のために、胃の不調の原因を紹介します。自分の症状と比べるとセルフチェックしてください。

☛胃の中どうなっている?
食べ過ぎたとき、胃もたれになる人と胸やけになる人がある。健康な状態の胃と比べて、胃もたれの胃は胃液の分泌量が少なく、反対に胸やけの胃は分泌地量が多い傾向にある。健康な胃は2~3時間で食べたものを消化して十に指腸に送る。胃液が少ないと消化がなかなか進まず、食べ物がいつまでも胃にとどまる。それが胃もたれ。

☛胃液の分泌量は一定はない
胃液の分泌量が増減するのは、胃の中の酸性度を一定的に保つためだ。胃液の強い酸には、入ってきた細菌を殺す役割がある。その酸性度はPH1~1.4で、梅干しのおよそ100倍の強さだ。食物が入って胃液が薄まったり、激しい運動や熱い風呂、タバコ、就寝によって酸性度が下がると、胃液の分泌が盛んになり酸性度を戻そうとする。とこるが、食後すぐにタバコを吸ったり、熱い風呂に入ったり、就寝してしまうと、異の酸性度が上がっていないうちに
さらに下がることになり、消化不良や胃もれたの原因になる。

☛胃が「荒れる」のは
胃液に含まれる消化酸素ペプシンはタンパク質を分解されないのは、粘液を出す粘膜細胞によって常に保護されているからだ。ところが、タバコやアルコール、塩分の強い食品など原因で粘膜細胞が傷つくと、細胞の血液が悪くなり、粘液の分泌が減るため胃壁が直接胃液にさらされてダメージを受けてしまう。粘液細胞は2~3日で再生するが、繰り返し傷つけられると慢性胃炎や潰瘍の原因となることもある。
➡胃の不調チェック
1.食欲がない
2.お腹が張る
3.口臭がする
4.げっぷが出る
5.空腹時胃痛
6.舌が荒れる
7.吐き気がする
8.食後胃痛
1~3はおもに胃もたれの症状で、胃液の分泌が少ないため。
4、5はおもに胸やけの症状で、胃液の分泌が多いために起きる。
6~8はおもに胃炎の症状。暴飲暴食、タバコなどの心当たりがない場合は、診断を受けたほうがいい。